既刊

著書

死はこわくない
104『死はこわくない』
立花隆
文藝春秋2015年12月発売
揺らぐ世界
91『揺らぐ世界:<中学生からの大学講義>4』
共著
ちくまプリマ―新書2015年4月発売

※91「こころ」とのつきあい方 13歳からの大学授業』の文庫化

四次元時計は狂わない
103『四次元時計は狂わない 21世紀 文明の逆説』
立花隆
文藝春秋2014年10月発売
立花隆の「宇宙教室」 102『立花隆の「宇宙教室」』
立花隆 岩田陽子
日本実業出版社2014年07月発売
自分史の書き方 101『自分史の書き方』講談社

2013年12月発売

読書脳 100『読書脳 ぼくの深読み300冊の記録』文藝春秋

2013年12月発売

99『立花隆の書棚』中央公論新社2013年
98『ジブリの教科書1 風の谷のナウシカ(文春ジブリ文庫)』スタジオ・ジブリ(編

文藝春秋2013年

97『体験から歴史へ-<昭和>の教訓を未来への指針に (〈道新フォーラム〉現代への視点~歴史から学び、伝えるもの) [単行本(ソフトカバー)]』保阪 正康 (著), 半藤 一利 (著), 立花 隆 (著), 田城 明 (著)

講談社2013年

96『心のクスリ[単行本]』読売新聞編集局医療情報部編(著)

文藝春秋2011年

95『私と宗教(平凡社新書)』高村薫、小林よしのり、小川洋子、立花隆、荒木経惟、高橋惠子、龍村仁、細江英公、想田和弘、水木しげる

渡邉直樹(編集)
平凡社2013年

94『地球外生命 9の論点 (ブルーバックス) 』立花 隆 (著), 佐藤 勝彦 (著), 長沼 毅 (著), 皆川 純 (著), 菅 裕明 (著), 山岸 明彦 (著), 重信 秀治 (著), 小林 憲正 (著), 大石 雅寿 (著), 佐々木 晶 (著), 田村 元秀 (著)

講談社2013年

71『天皇と東大 Ⅳ大日本帝国の死と再生』文春文庫

2013年

71『天皇と東大 Ⅲ特攻と玉砕』文春文庫

2013年

71『天皇と東大 Ⅱ激突する右翼と左翼』文春文庫

2013年

71『天皇と東大 Ⅰ大日本帝国の誕生』文春文庫

2013年

93『歴史と現在 明治学院大学国際学部付属研究所公開セミナー4』※共著

河出書房新社

2012年

92『学問ノススメ。 学校では教えてくれない達人の知恵』※共著

徳間書店

2012年

91『「こころ」とのつきあい方 13歳からの大学授業』※共著

水曜社

2012年

90『生命の未来を変えた男 山中伸弥・ips細胞革命』※山中伸弥氏、国谷裕子氏との鼎談を収録

文藝春秋

2011年

89『二十歳の君へ 16のインタビューと立花隆の特別講義』※東京大学立花隆ゼミ・著 , 立花 隆・著

文藝春秋

2011年

88『がん 生と死の謎に挑む』※立花 隆 (著), NHKスペシャル取材班 (著)

文藝春秋

2010年

87『白川静読本』※五木寛之氏、松岡正剛氏、宮城谷昌光氏、内田樹氏、町田康氏、押井守氏との共著

平凡社

2010年

86『未来をつくる君たちへ』※松本健一氏、関川夏央氏との共著

日本放送出版協会

2009年

85『ぼくらの頭脳の鍛え方』
※佐藤優氏との共著
文藝春秋
2009年
84『宇宙究極の謎
科学者が語る科学最前線
暗黒物質、暗黒エネルギー、暗黒時代』
自然科学研究機構
クバプロ
2009年
83『解き明かされる脳の不思議
科学者が語る科学最前線脳科学の未来』
自然科学研究機構
クバプロ
2009年
82『がんと闘った科学者の記録』
文藝春秋
2009年
81『小林・益川理論の証明』
朝日新聞出版
2009年
80『生物の生存戦略』
クバプロ
2008年
79『宇宙の核融合・地上の核融合』
自然科学研究機構
クバプロ
2008年
78『爆発する光科学の世界』
自然科学研究機構
クバプロ
2007年
77『見えてきた!宇宙の謎。生命の謎。脳の謎』
自然科学研究機構
クバプロ
2008年
76『南原繁の言葉』
東京大学出版会
2007年
75『ぼくの血となり肉となった五〇〇冊
そして血にも肉にもならなかった一〇〇冊』
文藝春秋
2007年
74『読む力・聴く力』
岩波書店
2006年※河合隼雄氏、谷川俊太郎氏との共著
73『滅びゆく国家』
日経BP社
2006年
72『図説 世界の歴史〈10〉新たなる世界秩序を求めて』
創元社
2003年

71『天皇と東大(上)』
『天皇と東大(下)』
文藝春秋
2005年
70『エーゲ』
書籍情報社
2005年
69『思索紀行』
書籍情報社
2004年
68『シベリア鎮魂歌―香月泰男の世界』
文藝春秋
2004年
67『イラク戦争・日本の運命・小泉の運命』
講談社
2004年
66『「言論の自由」VS.「●●●」』
文藝春秋
2004年

65『田中真紀子研究』
文藝春秋
2002年改題(文庫) 『政治と情念』
文藝春秋
2005年
64『解読「地獄の黙示録」』
文藝春秋
2002年、2004年(文庫)
63『東大生はバカになったか』
文藝春秋
2001年、2004年(文庫)
62『ぼくが読んだ面白い本・ダメな本
そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術』
文藝春秋
2001年、2003年(文庫)
61『「旧石器発掘ねつ造」事件を追う』
新潮社
2000年、2002年(文庫)
60『環境ホルモン入門』
新潮社
1998年
59『新世紀デジタル講義』
新潮社
2000年、2002年(文庫)
58『21世紀 知の挑戦』
文藝春秋
2000年、2002年(文庫)
57『脳とビッグバン』
朝日新聞社
2000年、2004年(文庫)
56『人体再生』
中央公論新社
2000年、2003年(文庫)
55『脳を鍛える』
新潮社
2000年、20004年(文庫)
54『サイエンス・ミレニアム』
中央公論新社
1999年、2002年(文庫)
53『100億年の旅2
宇宙、地球、生命、脳』
朝日新聞社
1999年、2003年(文庫)
52『東京大学(東京大学公開講座67)』
新潮社
1998年
51『生命論パラダイムの時代』
ダイヤモンド社
1993年第三文明社
1998年(新書)
『二十歳のころ?』
新潮社
1998年※東大教養学部・立花隆ゼミとの共著
『二十歳のころ?』
新潮社
1998年※東大教養学部・立花隆ゼミとの共著
50『立花隆・100億年の旅』
朝日新聞社
1998年、2002年(文庫)
『アポロ13号 奇跡の生還』
ヘンリー・Jr ・クーパー著
新潮社
1998年(文庫)※翻訳
49『立花隆のすべて』
文藝春秋社、
1998年、2001年(文庫、上下)
48『インターネットはグローバル・ブレイン』
平凡社
1997年
47『無限の相のもとに』
平凡社
1997年※埴谷雄高氏との共著
46『立花隆の同時代ノート』
講談社
1997年
45『証言・臨死体験』
文藝春秋
1996年、2001年(文庫)

44『脳を究める』
朝日新聞社
1996年、2001年(文庫)
43『インターネット探検』
講談社
1996年
42『ぼくはこんな本を読んできた』
文藝春秋
1995年、1999年(文庫)

41『宇宙を語る』
書籍情報社1995年中央公論新社
1995、2007年(文庫

40『臨死体験(上)』
『臨死体験(下)』
文藝春秋社
1994年、2000年(文庫)

39『生、死、神秘体験』
書籍情報社、1994年(文庫)
講談社
2007年
38『マザーネイチャーズ・トーク』
新潮社
1993年、1996年(文庫)

37『巨悪VS言論(上)』
『巨悪VS言論(下)』
文藝春秋社
1993年、2003年(文庫)
バーバラ・ハリスの臨死体験
バーバラ・ハリス著
講談社
1998年(文庫)※翻訳
36『電脳進化論』
朝日新聞社
1993年、1998年(文庫)
35『脳死臨調批判』
中央公論社
1992年、1994年(文庫)
34『宇宙よ』
文藝春秋
1992年(文庫)
『宇宙よ(上)』
『宇宙よ(下)』
文藝春秋
1995年
33『ランダムな世界を究める』
三田出版会
1991年、平凡社2001年(文庫)
32『サル学の現在』
平凡社
1991年(文庫)『サル学の現在(上)』
『サル学の現在(下)』
平凡社
1996年
31『サイエンス・ナウ』
朝日新聞社
1991年、1996年(文庫)
30『精神と物質』
文藝春秋
1990年、1993年(文庫)※利根川進氏との共著
29『同時代を撃つ・PART3』
講談社
1990年、1992年(文庫)
28『同時代を撃つ・PART2』
講談社
1989年、1990年(文庫)
27『脳死再論』
中央公論新社
1988年、1991年(文庫)
26『同時代を撃つ・PART1』
講談社
1988年、1990年(文庫)
25『ロボットが街を歩く日』
三田出版、
1987年
24『脳死』
中央公論新社
1986年、1988年(文庫)
23『論駁 III ロッキード裁判批判を斬る』
朝日新聞社
1986年(文庫)『ロッキード裁判批判を斬る III』
1994年
22『論駁 II ロッキード裁判批判を斬る』
朝日新聞社
1986年(文庫)『ロッキード裁判批判を斬る II』
朝日新聞社
1994年
21『論駁 I ロッキード裁判批判を斬る』
朝日新聞社
1986年(文庫)『ロッキード裁判批判を斬る I』
朝日新聞社
1994年
20『青春漂流』
講談社スコラ
1985年、1988年(文庫)
19『ロッキード裁判傍聴記 4
政治家田中角栄の敗北』
朝日新聞社、
1985年『ロッキード裁判とその時代 4』
朝日新聞社
1994年
18『知のソフトウェア』
講談社
1984年
17『ロッキード裁判傍聴記 3
政治家田中角栄の反攻』
朝日新聞社、
1983年『ロッキード裁判とその時代 3』
朝日新聞社
1994年
16『ロッキード裁判傍聴記 2
闇将軍田中角栄の策謀』
朝日新聞社、
1983年『ロッキード裁判とその時代 2』
朝日新聞社
1994年
15『宇宙からの帰還』
中央公論新社
1983年、1985年(文庫)
14『田中角栄いまだ釈明せず
田中新金脈追求』
中央公論新社
1982年『田中角栄新金脈研究』
朝日新聞社
1985年
13『ロッキード裁判傍聴記
被告人田中角栄の逃走』
朝日新聞社1981年『ロッキード裁判とその時代1
1977年1月-1979年4月』
朝日新聞社
1994年
12『農協』
朝日新聞社
1980年、1984年(文庫)
11『アメリカ性革命報告』
文藝春秋
1979年、1984年(文庫)
10『アールキューブ―
立花隆VS吉川弘之 ロボティクスの未来を語る 』
日刊工業新聞社
1996年
9『ジャーナリズムを考える旅』
文藝春秋社
1978年新題『アメリカジャーナリズム報告』
文藝春秋社
1984年
8『日本共産党の研究(一)』
『日本共産党の研究(二)』
『日本共産党の研究(三)』
講談社
1983年
7『文明の逆説』
講談社
1976年
『遊びの研究』
三一書房
1976年
(岡敬三他編)
5『田中角栄研究(上)』
『田中角栄研究(下)』
講談社
1976年
4『中核VS革マル(上)』
『中核VS革マル(下)』
講談社
1975年
3『日本経済 自壊の構造』
日本実業出版社
1973年 ※菊入龍介のペンネームで執筆
2『思考の技術』
日経新書
1971年新題『エコロジー的思考のすすめ』
中央公論新社
1969年
1『素手でのし上がった男たち』
Bancho Shobo
1969年