第10回全カリ講義録

受講者によるプレゼンテーション>

*『第3回レポート発表者資料』のページとあわせてご覧ください。

Kitaharaさん

東京都現代美術館

Space for your future-アートとデザインの遺伝子を組みかえる」

エリザベッタ・ディマッジョ作・大判の切り絵(テーマは水生微生物) Q.これはどのくらいの大きさなの? A.(講義を行っている)この教室の檀上×160cmくらいだと思います。 『フィトヒューマノイド』 触覚にうったえる作品で、大人用と子供用あり。 着る感覚のソファである。 蜷川実花氏による写真 造花と金魚がモチーフ。包まれる感じ。 Q.沢尻エリカの100面相と電話ボックスの2作品について 感想があればお願いします。 A. 100面相について…100枚もあるので中にはこれとこれは似ている というものもありましたが、ものによっては全く別人格というものも ありました。メイクや装飾、服で人ってこんなに変わるんだと思いました。 電話ボックスについて…一見普通の電話ボックスなのに中はミラーボールが あったり、まるで一人用ディスコのようになっている。 他人の目を気にしないで踊り狂えると思いきや実は外からは丸見え という仕組み。そのギャップがおもしろかった。 現代美術について 複雑に見えて、余分なものを落とした単純な作品。 深読みをせずに、見たまま感じたままを受け止める。 今までは芸術とは視覚だけで鑑賞するものだと思っていた。 この展示では視覚以外の感覚でもなにか感じたと思う。 Q.その何かの中身を言葉で説明してもらえる? A.言葉ではうまく説明できないのですが、とにかく不思議な感じでした。 立花先生コメント: 現代美術は見る者に斬新な驚き、心理的ショックを与えてくれる。 コンテンポラリーアーツは今までの芸術の概念を覆すものである。 一度見てみることをお勧めする。

Ikedaさん:東京都美術館「フィラデルフィア展」

ルノワール『大きな浴女』 女性の美の基準について細い女の子がもてはやされる今。 絵の浴女は三段腹にもかかわらず美しい。芸術であるからか。 モネ『ポプラ並木』 印象派美術について 印象派の確立にジャポニズムが大きく影響したこともあり、 印象派美術は日本人に馴染みが深い。 Q.印象画の前では足を止めるが、現代アートの前は素通りする人が多かった 気がします… A.美しい場面を切り取って描いた印象画はぱっと見て理解できるが、 現代アートは抽象的だからではないでしょうか。 Ex. ドロテア・タニング『誕生日』) 立花先生から聴講生に向けての質問: ルノワール『大きな浴女』も見方によってはただのデブだ。 痩せているor太っている等々、 女性の美の基準というものはどういうものだと思いますか? A. …。やはり個人の好みでは。 Tomiさん:鉄道博物館 鉄道は便利である。渋滞がない、輸送機関の中でも本数が多い。 なんだかんだいって日本人は鉄道好きであると思う。 (*時間の都合から質疑応答なし)

Hirokawaさん:切手の博物館「カワイイ切手・たのしい郵便」

切手の経済効果について 経済力の弱い小国→おみやげとしての切手で外貨獲得 《立花先生コメント:切手は別の国で作っているんだよね?》 社会主義国→国民が切手収集を行うことで経済が活性化 政治扇動効果(強いメッセージ性効果)について 国の統治者や郵便制度開発者をモチーフに採用 切手で戦争賛成・反戦の立場を表明 (反戦切手については説明文のみで実物展示はなし) 立花先生コメント: 切手にふれる機会(手紙のやり取り)というのはほとんどないと思う。 これからは特に、切手は郵便に貼るものというより切手コレクターによる 経済効果というものが重視されるのではないか。

<講義> 幻肢症・ラマンチャンドランのミラーボックスについて

幻肢症: 失ったはずの幻の手足が痛んだり、かゆくなったりする。 (幻であるのに痛みがとれない) 脳細胞の発火作用。 体の一部をなくした人すべてが幻肢症になるわけではない。 ラマチャンドランのミラーボックス:幻肢症の治療に有効な道具。

《ミラーボックスを使用する》

手を失った人の場合:

幻の手が現実の手となる。 脳内で失っていた手の感覚を取り戻す→幻肢症の解消。 健常者の場合: 触覚と視覚のズレを体験(触覚の認識が正しい)。 手が麻痺した様な感覚を味わう。 手がなくなると… 脳内でその手は宙ぶらりんになってしまう 手と顔は脳内にある全身の感覚地図 (ペンフィールドのホムンクルスの地図 で近くにある。 そのため、手を失うと脳内地図の顔のところに手のニューロンが入り込み、 両部分が一緒になる。 (*顔を触ってみると、どことどこの部分がくっついたかわかる。) MEG…脳の表面の脳波(磁気)を読み取る。

⇒脳内における体の感覚地図を描くことができる。