report5

全カリ 現代社会と大学 第5回(10月30日)講義録   

◆第二回レポート(印刷博物館)の評価
 ・全体的に文章のミス等は減った。
 ・特に内容の良いレポートを書いた人は、次回の授業で一人ないしは二人でその内容を数分でプレゼンテーションする。
 ☆決められた時間内に自分の伝えたいことを話す能力は、現代人に必要な能力のひとつである。
◆第二回レポート(印刷博物館)の内容に関する参考文献
 『DTP&印刷スーパーしくみ事典 (2007年度版)』
(http://www.wgn.co.jp/store/dat/1077/)
 (表紙)       
       
◎自分がふだん使っているもの(パソコンとOS、印刷機器など)の見えない部分がどのような構造になっているのかわかって面白い!

  
 
◆今日の授業のメイン:生命科学(Life Science)
★生命科学は、現代社会におけるほぼ全ての人間活動の基本的原理である。
 →一流大学では、文系理系を問わず全ての学生にとって必修科目とされている。
☆参考文献:『文系のための生命科学』
(表紙)  (http://www.yodosha.co.jp/book/9784758107211.html)

★今日のテーマ:≪ncRNAの発見≫
(1)これまでの遺伝子概念の変化
・形質を支配する何ものか
・核酸である(エイブリー)
・二重らせんDNAの塩基配列(ワトソン・クリック)
・アミノ酸をコードするDNA部分(エキソン)
・イントロンも遺伝子 (ゴミだと思われていたジャンクも遺伝子だった)
 ⇒転写される全体が遺伝子

☆”God in the details”(神は細部に宿る)

(2)DNA(“生命の設計図”)とRNAの関係
  
DNA→(転写)→RNA→(翻訳)→タンパク質 

・RNAは本来DNAの遺伝暗号という情報を伝達する(タンパク質をコードする)もの(=mRNA)だと考えられていた。
 →しかし2006年、その働きをもたないRNA(ncRNA)が新たに発見され、しかもそれが全RNAの98%を占めることがわかった。
 ★「生物の暗黒問題」

(3)ncRNAの働き
・遺伝情報の発現制御
・発生・分化調整
・遺伝子の機能調節(修飾・編集)
→ncRNAを研究することで、もしかすると「人間が一人一人違うのはなぜか」という問に答をだせるかもしれない!!!

(参考HP)
・株式会社ワークスコーポレーション (http://www.wgn.co.jp/store/)
・羊土社 (http://www.yodosha.co.jp/book/9784758107211.html)